その他

シューズの神様・三村仁司氏「必要なのは“厚底”ではない」

【注目の人 直撃インタビュー】 三村仁司氏(シューズ工房「M.Lab」代表) 陸上の長距離界を席巻しているナイキ社製の厚底シューズ。大迫傑が自らの持つ日本新記録を更新した1日の東京マラソンでも、上位30人中28人が使用した。「履くだけで速くな…

FNSドキュメンタリー大賞

【前編】大きな怪我と2度の手術。東京五輪代表・鈴木亜由子の苦しい時代を支えた、もう一人のランナー 愛知県豊橋市出身の陸上ランナー・鈴木亜由子さん。日本郵政グループ女子陸上部に所属し、2018年8月の北海道マラソンで、初マラソンにして初優勝した選手…

スタミナ自慢のランナーが体験取材。 「油」を摂って3週間、代謝が劇的変化!

発売中のNumberDo「ランニングを科学する」では、食事についても様々な知見を紹介している。分子栄養学、完全栄養食、そして「SleepLow食事法」。中でも注目なのが、「ランナー大実験! 油を意識すると『持久力』は向上するのか?」。 この企画は3人のランナ…

なぜGMOは陸上に参入したのか? ニューイヤーで5位躍進、青学・原晋監督と共鳴したスピリット

令和最初のニューイヤー駅伝は、旭化成が4連覇を達成して幕を閉じた。区間新記録の続出するハイレベルなレース展開で見どころの多かった今大会、特に注目を集めたのが、初出場にして5位入賞を果たしたGMOインターネットグループだ。2016年に創部したばかりの…

【島根県陸協】大会開催時の留意点

新型コロナウィルスに対する大会開催時の留意点について日本陸連より下記の通達がありました。大会開催に対する検討時の参考資料としてご利用ください。 新型コロナウィルスに対する大会開催に際する留意点について

大迫傑は「感覚を信じない」。 ランニングと科学の混沌とした未来。

「『走りの感覚』ってよく言いますが、僕はランニングにおいて感覚はそんなに重要じゃないと思うんです」 この衝撃的な発言の主は、大迫傑だ。発売中のNumberDo「ランニングを科学する」のために、東京マラソンで自身の持つ日本記録を更新した大迫にインタビ…

始まった日本マラソンの「高速化」 さらなる記録更新に“必要な環境”とは?

東京五輪代表争いのマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に続く、ファイナルチャレンジ男子第2戦の東京マラソンでは、大迫傑(ナイキ)が自身の持つ日本記録を更新する2時間05分29秒で4位になって五輪代表に内定した。さらに高久龍(ヤクルト)と上門…

MGCで日本マラソン界が向上。好記録連発の一方、課題も露に

3月8日にびわ湖毎日マラソンと名古屋ウィメンズマラソンが行なわれ、東京五輪代表の「3人目」が決まった。 男子は、東京マラソンでMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)ファイナルチャレンジの設定記録(2時間5分49秒)を上回る、2時間5分…

松田瑞生が流した尊い涙

五輪代表圏内から補欠へ 東京五輪女子マラソン代表の「最後の1人」に最も近い存在だった。1月の大阪国際女子を日本歴代6位(当時)の2時間21分47秒で制した松田瑞生(ダイハツ)。つかみかけた夢舞台の権利を失ってからわずか4日後。3月12日に福…

大迫傑の日本新、世界における現在地は?

東京マラソンで大迫傑(Nike)が樹立した日本新記録。東京オリンピックでの戦いを想定して、その記録を世界のなかで見てみると、おおよそ10番手と見ることことができる。 www.bbm-japan.com

東京マラソンの上位勢がほぼナイキという「異常」は、「常識」となるか

ナイキ厚底シューズの勢いが止まらない。いや、もはや履かないと勝負できないところまできている。3月1日に行われた東京マラソンは衝撃的だった。2時間4分15秒で連覇を果たしたビルハヌ・レゲセ(エチオピア)に、2時間5分29秒の日本記録を樹立した大迫傑(…

島根県陸協からのお知らせ

・ 3/16 第1回島根陸協記録会の要項を変更しました。「お知らせ」をご覧ください。・ 3/16 島根陸協行事予定(案)を修正しました。ご確認ください。(記録・日程等 大会日程)・ 3/16 出雲陸上の要項等掲載しました。(大会要項:2020年度)申込ファイルが昨年度…

躍進する東洋大競歩陣に根づく「1秒をけずりだす」スピリット

東洋大競歩陣が活躍を続けている。3月15日に行われた全日本競歩能美男子20km競歩で、池田向希が優勝。昨年10月の全日本50km競歩高畠大会を日本新で優勝した川野将虎に続き、東京五輪の代表に内定した。 池田は昨年7月のユニバーシアードで金メダルを獲得し、…

MGC 関連記事

自画自賛のMGCで露呈した陸連の無知とマラソン界の問題点 東京オリンピックのマラソン代表を決めるMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)は、8日のびわ湖毎日マラソン、名古屋ウィメンズマラソンをもって終了し、男女3人ずつの代表が確定した。 日…

補欠の松田は涙…疑問だらけの五輪マラソン代表会見「無神経すぎる」陸連に批判の声

やはりマラソンに「ワンチーム」を求めるのは無理な話なのか。東京五輪マラソン男女代表最終選考会の「びわ湖毎日」と「名古屋ウィメンズ」を終え、マラソンの男女代表3人ずつが出揃った。日本陸上競技連盟(陸連)幹部は五輪に向けて一致団結を強調して今…

「大迫傑」関連記事

父が語る「大迫傑」という男 東京マラソン(1日)で自らの日本記録を塗り替え、8日に東京オリンピック男子マラソン代表に決まった大迫傑(すぐる、28歳)=ナイキ。大学卒業後に所属した実業団を1年で退社し、単身渡米してプロランナーとして活動する国内で…

百田夏菜子(ももクロ)×鈴木亜由子(マラソン) 「アイドルとアスリートに通じるもの」

「アイドル」と「アスリート」という2つの人種は、一見すると遠いようで、実は似た存在なのかもしれない。 どちらもファンの声援を力にしながら、時に重圧と戦い、その後押しを受けて目標に一歩ずつ向かっていく。そしてそのゴールに少しでも近づくために日…

元100m日本記録保持者・朝原宣治が 今も信じる自分の可能性。

「こんなこと言うと『なんだあいつ』って怒られると思うけど、今の情報と技術があり、もし僕が今、22歳だったら、きっと(100m)9秒台出してますよ(笑)」と笑うのは、男子100mの日本記録を3度更新した朝原宣治だ。2008年、36歳で臨んだ北京五輪では、4×100…

祝 ブログ開始十周年‼︎

2010(平成22)/3/5にこのブログを開始して丸十年‼︎始まり始まり!!今日から このブログを始めるよ!思いつくままに創っていくんでよろしく!宍道湖一周駅伝まであと1ヶ月ちょっととなったよ 昨年はなかったけども一昨年・その前と一人づつの新入会員が 今年は二…

洛南・三浦龍司、塩尻和也を追って順大へ 強さを求めて3000m障害も箱根駅伝も

2月22日にあったクロスカントリー日本選手権は、多くの大学4年生にとって学生ラストレースとなった。その一方で高校3年生にとっても、思い出の詰まったユニフォームで走るラストレースだ。「とくに何位以内とかは考えてなくて、高校最後のレースだったから楽…

マラソン2度目の日本新・大迫 妻・あゆみさんが明かす超天然素顔

私生活の天然ぶりも金メダル級だ。東京マラソンで男子の日本新記録(2時間5分29秒)を樹立し、東京五輪出場に大きく前進した大迫傑(28=ナイキ)の“株価”が急上昇している。ガッツポーズでゴールし、涙を流したシーンはファンの感動を呼んだが、何よ…

桐生“ピンなしスパイク”東京五輪OK!世界陸連 4.29以前に販売なら使用可と発表

世界陸連が1月31日に発表したシューズに関する新規定のうち、4月30日以降の大会で使用する場合は4カ月以上前から市販されている必要があるとした「4カ月ルール」について、4月29日以前に販売されていれば7月開幕の東京五輪でも使用ができることが26日、分か…

厚底シューズが変えた陸上界の常識と記録

世界のマラソン界を「厚底シューズ」が席巻している。世界記録が男女とも塗り替えられ、2018年には設楽悠太(Honda)と大迫傑(ナイキ)が相次いで日本記録を更新した。彼らはみなナイキの厚底シューズ「ヴェイパーフライ」を履いていたという共通点がある。…

キプチョゲに聞く厚底シューズとマラソン2時間切り。そして東京五輪

現マラソン世界記録保持者(2時間01分39秒)で、非公式ながら2時間台を切る記録(1時間59分40秒)も持つエリウド・キプチョゲ(ケニア)。テンポよく軽やかに、そして笑顔すら浮かべて走るその姿は、まさに異次元の存在だ。ナイキ厚底シューズ騒動や、東京…

東京メトロ女子駅伝部が4月に創設、東大が科学でバックアップ

2月19日(水)に東京メトロが「東京メトロ女子駅伝部・新制服発表会」を行い、東京オリンピックを控えた2020年4月に「東京メトロ女子駅伝部」を創設すると発表した。東京大学スポーツ先端科学研究拠点と連携し、科学面で心強いバックアップを受ける。 headli…

2020年度に行われる日本代表選手派遣国際大会の代表選手選考要項

2020年度代表選手派遣大会選考要項 主要国際競技大会の代表選手要項を掲載 ■東京2020オリンピック競技大会・マラソン日本代表選手選考要項(2019.5.28)・競歩日本代表選手選考要項(2019.7.1)・トラック&フィールド種目日本代表選手選考要項(2019.12.16)…

前田穂南、記録もプロセスも“野口金ロード”

16日の青梅マラソン女子30キロを1時間38分35秒の日本新記録で制した東京五輪女子マラソン代表の前田穂南(23)=天満屋=が17日、都内で取材に応じた。今後は約1週間の休息期間を経て標高1600メートルの米国・アルバカーキを中心に合宿を…

厚底シューズ Part??

五輪用シューズ開発急ぐ 関西大手3社、ナイキに挑む 東京五輪・パラリンピックを前に、関西のスポーツ用品大手が新型ランニングシューズの開発を急いでいる。 ワールドアスレチックス(世界陸連)の新規則で現行の厚底シューズの着用は認められたが、競技で…

陸上記者が語る「厚底シューズ」 不明瞭な「違反」のライン

結局、厚底シューズは何が問題だったのか? 陸上長距離で好記録の一因として話題になり、規制の有無が議論された米スポーツ用品大手ナイキの厚底シューズについて、ワールドアスレチックス(世界陸連)は1月31日、条件付きで使用を容認した。底の厚さは4セン…

東京五輪の男子マラソンチケットは全額払い戻し

東京五輪・パラリンピック組織委員会は10日、国際オリンピック委員会の決定で東京から札幌に会場が変更となった男女マラソンのチケット払い戻しに関し、その方法などを発表した。 sportsbull.jp