五輪切符を懸けた大阪・冬の陣! 注目は女子5000m田中VS廣中/日本選手権長距離展望

 来年に延期された東京五輪の選考会となる、第104回日本選手権・長距離が12月4日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われる。マラソン競歩を除くトラック&フィールド種目最初の五輪代表が決まりそうだ。

news.yahoo.co.jp

箱根駅伝主催の関東学生陸上競技連盟が「応援に関するお願い」を発表

 箱根駅伝を主催する関東学生陸上競技連盟は1日、公式ホームページで、第97回大会(来年1月2、3日)に向けて、新型コロナウイルス感染防止対策として「応援に関するお願い」を発表した。

hochi.news

 

 

 

応援に関するお願い

三浦選手、日本選手権を欠場 男子3000メートル障害、練習中に打撲

 陸上男子3000メートル障害の三浦龍司(順大、浜田東中ー京都・洛南高)が、4日に大阪市ヤンマースタジアム長居で行われる日本選手権長距離を欠場する。

this.kiji.is

東京2020オリンピック競技大会 日本代表選手内定について

第104回日本陸上競技選手権大会・長距離種目


今大会における内定条件

第104回日本陸上競技選手権 大会・長距離種目の優勝者で、 日本選手権終了時点に東京オ リンピック参加標準記録 を満たしている競技者。

 

https://www.jaaf.or.jp/files/upload/202011/17_124348.pdf

2021 箱根駅伝記事

2021年の箱根駅伝はルーキーが熱い!1年生に逸材そろう

 コロナ禍による出雲駅伝の中止により、学生3大駅伝の初戦となった全日本大学駅伝(11月1日)。そこで見えたのは、噂通りの駒大、東海大青学大による「3強」の強さもさることながら、学生駅伝デビューとなった1年生に逸材がそろっているということだ。

 2021年1月2、3日に開催される第97回東京箱根間往復大学駅伝競走は、ルーキーが活躍する大会になる可能性が高い。

spaia.jp

 

 

 

 

番狂わせはあるのか…箱根駅伝、ダークホースになりそうな大学は?

 冬の足音が大きくなり、年の瀬が迫ってきた。そして新春を迎えると、すぐに箱根駅伝の号砲が鳴る。コロナ禍によって応援自粛、無観客開催での異例のレースになるが、それと同時に近年稀に見る大混戦が予想されているのも第97回大会の特徴である。

headlines.yahoo.co.jp

順大が3度目の優勝/写真で見る第57回箱根駅伝

1 順大 11時間24分46秒
2 日体大 11時間26分14秒
3 大東大 11時間28分50秒

 

f:id:hikawa029:20201128174921j:plain

 

現益田東監督 : 1年から4年連続区間

1年 5区  1.05.44

2年 4区  1.05.42

3年 4区  1.04.09

4年 4区  1.02.40

 

 

 

www.nikkansports.com