「1回も駅伝勝てなかった」――学生日本新の横田俊吾がレース後に明かした“熱い想い”とは? 原晋監督も祝福!

 2月5日に行なわれた『別府大分毎日マラソン』で、横田俊吾青山学院大)が日本人2位(全体4位)となる2時間7分47秒で走り、MGCマラソングランドチャンピオンシップ)の出場権を手にした。

news.yahoo.co.jp

「精神的な疲れ」と「不安」…15歳ドルーリー朱瑛里を出場辞退にまで追い詰めた”悪者”の正体…日本陸上界の宝を異常なマスコミ攻勢や一部ファンの“暴走”からどう守ればいいのか

 天才女子中学生ランナーとして陸上界に衝撃を与えたドルーリー朱瑛里(15、岡山津山・鶴山中)が3日、出場を予定していた「BIWAKOクロカン2023」(5日・滋賀県野洲市)の欠場を発表した。ドルーリーが代理人弁護士を通じて声明を発表したもので、加熱する報道やファンからの常識に欠けた声かけや写真、動画撮影などに不安を感じたもの。プロでも芸能人でもない未成年のアマチュアアスリートのプライバシーや人権、そして練習環境などをどう守ればいいのか。一石を投じる出場辞退となった。

news.yahoo.co.jp

わずか3度目のマラソンで五輪銀メダル 森下広一「超センスがある大迫だって」 後進に伝えたいこと

 鮮やかに新星誕生を印象づけた。1991年2月3日の別府大分毎日マラソン。23歳の森下広一旭化成、現トヨタ自動車九州監督)が、初マラソンの日本最高記録(当時)の2時間8分53秒を樹立した。それまでの記録を一気に3分7秒も短縮した上、日本のエース格だった31歳の中山竹通ダイエー)を破った。

 35キロから2人のデッドヒートが続く。世代交代を告げるかのような場面は39キロ付近で訪れた。森下は中山に肩をたたかれ「行っていいぞ」と声をかけられた。レースで30キロ以上は未経験。「自分の体調が持つか心配で、キープすることを考えた」中でのひと言で、前に出る決断を下した。

 「中山さんに勝てば(競技人生が)変わると思っていたが、これからどうなるか」

 大会翌日の西日本スポーツ1面に残るコメントだ。本人の〝予言〟通り、大分での快走は快進撃の幕開けとなった。

news.yahoo.co.jp

ドルーリー朱瑛里報道に関する記事

「精神的な疲れ」と「不安」…15歳ドルーリー朱瑛里を出場辞退にまで追い詰めた”悪者”の正体…日本陸上界の宝を異常なマスコミ攻勢や一部ファンの“暴走”からどう守ればいいのか

 天才女子中学生ランナーとして陸上界に衝撃を与えたドルーリー朱瑛里(15、岡山津山・鶴山中)が3日、出場を予定していた「BIWAKOクロカン2023」(5日・滋賀県野洲市)の欠場を発表した。ドルーリーが代理人弁護士を通じて声明を発表したもので、加熱する報道やファンからの常識に欠けた声かけや写真、動画撮影などに不安を感じたもの。プロでも芸能人でもない未成年のアマチュアアスリートのプライバシーや人権、そして練習環境などをどう守ればいいのか。一石を投じる出場辞退となった。

news.yahoo.co.jp

 

 

 

「近所の取材や動画アップはやめて」 ドルーリー朱瑛里さんコメント全文

 陸上のドルーリー朱瑛里(しぇり)選手(15)=岡山・鶴山中3年=が報道の過熱や周囲からの注目度の高さに不安を感じるとして、代理人弁護士を通じて発表したコメントの全文は次の通り。(原文まま)

www.sankei.com

パリ五輪3000障害へ、箱根の20キロを順天堂大・三浦龍司は「大きな通過点にしたい」

三浦龍司(2021年~、順天堂大

news.yahoo.co.jp

高橋尚子を上回る記録でもパリ五輪は目指さない。マラソン・新谷仁美の新アスリート思考とは

 2023年1月15日のヒューストン・マラソンを日本女子歴代2位の2時間19分24秒で制した新谷仁美積水化学所属)は、2024年パリ五輪を目指す意思がないことを明言している。10,000mとハーフマラソン日本記録保持者は五輪が国民の支持を得ていない現状に複雑な感情を抱いており、今後の目標を5,000mとマラソンでの日本記録に定めた。

news.yahoo.co.jp