つぶやき

「1回も駅伝勝てなかった」――学生日本新の横田俊吾がレース後に明かした“熱い想い”とは? 原晋監督も祝福!

2月5日に行なわれた『別府大分毎日マラソン』で、横田俊吾(青山学院大)が日本人2位(全体4位)となる2時間7分47秒で走り、MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)の出場権を手にした。 news.yahoo.co.jp

「精神的な疲れ」と「不安」…15歳ドルーリー朱瑛里を出場辞退にまで追い詰めた”悪者”の正体…日本陸上界の宝を異常なマスコミ攻勢や一部ファンの“暴走”からどう守ればいいのか

天才女子中学生ランナーとして陸上界に衝撃を与えたドルーリー朱瑛里(15、岡山津山・鶴山中)が3日、出場を予定していた「BIWAKOクロカン2023」(5日・滋賀県野洲市)の欠場を発表した。ドルーリーが代理人弁護士を通じて声明を発表したもので、加熱する報…

わずか3度目のマラソンで五輪銀メダル 森下広一「超センスがある大迫だって」 後進に伝えたいこと

鮮やかに新星誕生を印象づけた。1991年2月3日の別府大分毎日マラソン。23歳の森下広一(旭化成、現トヨタ自動車九州監督)が、初マラソンの日本最高記録(当時)の2時間8分53秒を樹立した。それまでの記録を一気に3分7秒も短縮した上、日本のエース格だった3…

ドルーリー朱瑛里報道に関する記事

「精神的な疲れ」と「不安」…15歳ドルーリー朱瑛里を出場辞退にまで追い詰めた”悪者”の正体…日本陸上界の宝を異常なマスコミ攻勢や一部ファンの“暴走”からどう守ればいいのか 天才女子中学生ランナーとして陸上界に衝撃を与えたドルーリー朱瑛里(15、岡山津…

高橋尚子を上回る記録でもパリ五輪は目指さない。マラソン・新谷仁美の新アスリート思考とは

2023年1月15日のヒューストン・マラソンを日本女子歴代2位の2時間19分24秒で制した新谷仁美(積水化学所属)は、2024年パリ五輪を目指す意思がないことを明言している。10,000mとハーフマラソンの日本記録保持者は五輪が国民の支持を得ていない現状に複雑な…

箱根駅伝全国化、広島経済大学は予選会に「出場しない」 地方大学の本音

今回の「M高史の陸上まるかじり」は広島経済大学のお話です。東秀太(あづましゅうた)選手(1年、三田松聖)は昨年コロンビアのカリで開催されたU20世界選手権800mに日本代表で出場。山﨑(やまさき)優希選手(4年、東播工業)は日本インカレで800m3位、15…

なぜ新谷仁美はマラソン日本記録に12秒差と迫れたのか。レース直前までケンカ、最悪の雰囲気だった3人の選択

今年1月に行われたヒューストンマラソン、新谷仁美が日本歴代2位の記録で優勝を果たした。日本記録更新に照準を合わせて大会に臨んだが、目標に掲げた結果には12秒届かず。レース後は悔し涙を見せた。それでも革新的なトレーニングを行い、次こそは、との期…

一躍脚光を浴びるドルーリー朱瑛里の悩み

「注目され過ぎるのは好きではない」15歳のドルーリー朱瑛里、“報道のプレッシャー”に苦悩を吐露。岡山陸協は「大事に育てたい」 我々には計り知れないプレッシャーに、15歳は悩んでいるようだ。 1月15日の全国都道府県駅伝で驚異の17人抜きの走りで話題をさ…

新谷仁美の日本記録>五輪の方針に日本陸連が本音 瀬古利彦氏「五輪にも出てほしい」

大阪国際女子マラソンが29日、大阪・ヤンマーフィールド長居発着の42.195キロで行われ、レース後に日本陸上競技連盟が会見した。15日に日本歴代2位の2時間19分24秒をマークした新谷仁美(積水化学)が、2024年のパリ五輪には出場せず日本記録更新を目指す方…

大阪国際女子が12年ぶりコース変更&ペースメーカー復活…真冬レースで“記録狙い”の不毛

週末も寒そうだ。 今年のマラソンの主要大会は29日の大阪国際女子を皮切りに、2月5日別府大分、同26日大阪、3月の東京、名古屋ウィメンズと目白押しだ。いずれも8月の世界陸上ブダペスト大会代表選考会と来年のパリ五輪代表を一発で決めるマラソングランドチ…

宿命受け止める不破聖衣来の姉亜莉珠、冬の京都で触れた姉妹の絆 葛藤乗り越え見えた復活への道

「レッテル」を貼れば、見えるものも見えなくなってしまう。1月中旬は全国都道府県対抗女子駅伝へ。危うく先入観にとらわれるところだった。滋賀で2区を走った不破亜莉珠(ありす、23=センコー)と話した。彼女は、ちょっと困った顔をして打ち明けた。 news…

全国駅伝創設に関わった陸連幹部が明かした意外な本音「五輪につながるとは頭になかった」

22日、コロナ禍の影響で3年ぶりの開催となった今大会は、長野が2時間17分10秒で史上最多9度目の優勝を成し遂げた。 “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里が全国女子駅伝で17人抜き!新星ヒロインの気になる今後 男子の全国駅伝が始まったのは1996年。陸連は、83…

パリ五輪にソッポの新谷仁美が狙うマラソン日本記録の疑問…女子に「2つの記録」存在のナゼ

15日のヒューストン・マラソンを日本歴代2位の2時間19分24秒で優勝した新谷仁美(34)が23日、都内で会見。来年のパリ五輪を目指さない方針を改めて明言した。1万メートルとハーフマラソンの日本記録保持者の新谷は今後、マラソンと5000メートルでも日本記録…

ひろしま男子駅伝 過去25回の優勝、入賞、平均順位・・・あなたの故郷の成績は?

全国47都道府県の代表選手がたすきをつなぐひろしま男子駅伝は22日、3年ぶりの号砲が鳴る。優勝、入賞、低迷からの脱却、過去最高タイムの更新と、目標はそれぞれ。過去25回のチーム別の成績を振り返る。 news.yahoo.co.jp

立教大55年ぶり箱根駅伝ゴールでも…「自分たち4年生は何か残せたのか?」誰も走れなかった“最初で最後の箱根”、4年生キャプテンの苦悩

じつに55年ぶりに箱根駅伝に帰ってきた立教大学。総合18位でゴールテープを切った。一方で今大会、4年生はメンバー入りすることが出来なかった。同大駅伝チーム主将・ミラー千本真章(4年)が大舞台までの苦悩の日々を明かす。 news.yahoo.co.jp ミラー千本真…

新谷仁美ヒューストン・マラソンV 日本歴代2位の好時計でもパリ五輪「出ない」明言のワケ

女子の1万メートルとハーフマラソンの日本記録を持つ新谷仁美(34=積水化学)は、15日のヒューストン・マラソンで日本歴代2位の2時間19分24秒で優勝。それでも、野口みずきが2005年にベルリンで樹立した日本記録(男女混合)に12秒届かず、悔し涙を流した。 …

大学生の区間賞に法則あり!? 今年の該当者は11人

ひろしま男子駅伝では、過去に延べ11人の大学生が区間賞を獲得している。その選手たちの箱根駅伝での成績を見ると、ある高確率の条件が浮かんできた。それは「箱根で区間2位以内」で走っていることだ。 news.yahoo.co.jp 当然、伊藤蒼唯(島根・駒大=6区1位…

勝敗に関わらず、各大学が収穫を得た〈第99回箱根駅伝〉 それぞれが第100回大会への架け橋となる

第99回箱根駅伝は、素晴らしい大会になった。 1区で関東学生連合チームの新田颯(育英大学・4年)が果敢に飛び出し、2区では吉居大和(中央大学・3年)、近藤幸太郎(青山学院大学・4年)、田澤廉(駒澤大学・4年)のデッドヒートが興奮を呼んだ。 そして学…

全国女子駅伝は“駅伝のための駅伝”に…創設から40年も「マラソン強化」の理念すでになし

まさに駅伝ラッシュだ。15日号砲の全国都道府県対抗女子駅伝(全国女子駅伝)に続き、22日には同男子がある。この大会には箱根駅伝を走った選手が多数出場する。 news.yahoo.co.jp

第28回都道府県対抗男子駅伝 エントリー

1/22 広島市で開催 ごぼう抜き記録一覧表(5回~)(pdf) エントリーデータ(pdf) エントリー締め切り時点での予想オーダー(pdf) 都道府県ランキング(pdf) 参加競技者ランキング(pdf) 複数回数出場者一覧表(12回以上)(pdf) 3年ぶり開催!都道府県…

「ラストで『男だろ!』と言われて…」駒澤大・大八木弘明監督が6区の1年生に叫んだ“最後のゲキ”…区間賞ルーキー伊藤蒼唯は「言われたことは誇り」

箱根駅伝で往路復路ともに制し、完全優勝で大学駅伝3冠を達成した駒澤大学。全10区間で全てが5位内と一つのミスもない完璧な駅伝をやり遂げたが、そのなかでひときわ目立ったのが5区、6区を任された1年生コンビの走りだ。選手層が厚い強豪チームで重要な山の…

箱根駅伝で好走したルーキー5人。駒澤大は「2年連続3冠」、黄金期続行に現実味

第99回箱根駅伝は、駒澤大学が往路復路を制して完全優勝を果たし、大学駅伝3冠を達成した。大会後の記者会見で駒澤大の大八木弘明監督が今年3月での退任を発表するなど、来年の100回大会を前にひとつの時代の終わりを感じさせる大会になったが、一方でルー…

当日変更なしで優勝に挑んだ創価大 箱根駅伝特有の「当日変更」と「偵察メンバー」を考える

第99回箱根駅伝(2、3日)は、駒大が往復路を制し、2年ぶり8度目の優勝を飾った。同時に史上5校目でチーム初の学生駅伝3冠を達成した。最多14度の優勝を誇る名門の中大が2位と躍進。前年覇者の青学大は3位だった。 伝統の継走は今回も多くのドラ…

当日変更なしで優勝に挑んだ創価大 箱根駅伝特有の「当日変更」と「偵察メンバー」を考える

第99回箱根駅伝(2、3日)は、駒大が往復路を制し、2年ぶり8度目の優勝を飾った。同時に史上5校目でチーム初の学生駅伝3冠を達成した。最多14度の優勝を誇る名門の中大が2位と躍進。前年覇者の青学大は3位だった。 伝統の継走は今回も多くのドラ…

駒大・大八木監督の勇退で露呈…学生の部活動を支える“家族寮母”の限界

「当たり前」も限界に来ている。 箱根駅伝で2年ぶり8度目の総合優勝を果たした駒沢大学。指揮を執る大八木弘明監督(64)が優勝後の会見で「3月で終わりです」と今春限りでの勇退を発表した。その理由として、 「私も65歳になる。体力的にきついし、女房(寮…

「山下り」殊勲の区間賞、駒沢大を3冠に導いた伊藤蒼唯…ルーキーは「臆せずに突っ込めた」

2、3日に行われた第99回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝=読売新聞社共催)では、下級生の活躍も目立った。次回以降の活躍も期待される新鋭のうち、6区で駒沢大の優勝に大きく貢献した伊藤蒼唯(1年)を紹介する。 news.yahoo.co.jp

箱根駅伝 駒澤大学優勝関連記事

川並記者の箱根駅伝総括 選手層の厚さ際だった駒大の完全V 3日に終了した第99回東京箱根間往復大学駅伝競走は、駒大が往路、復路ともに制する完全優勝。史上5校目の大学駅伝3冠を達成した。節目の次回第100回大会を前に、新たな時代の到来も感じさ…

箱根駅伝2023「細かすぎる名場面」

駒澤大学の大学駅伝三冠で幕を閉じた第99回箱根駅伝。 コロナ禍で長らく自粛を呼びかけられていた沿道での応援も復活するなか、今年も駅伝マニア集団「EKIDEN News」( @EKIDEN_News )の西本武司さんとポールさんは、箱根駅伝中継でおなじみの文化放送を拠…

箱根駅伝あれこれ

箱根駅伝で起きていた“まさか”の出来事の数々 あわや選手と車の「交通事故」も 今年も年明けの1月2、3日に行われる箱根駅伝。優勝や快記録にまつわる数々の名場面の一方で、「あんなこともあったな」と今もファンの記憶に残っている“珍場面”も数多い。そんな…

フルマラソンでも日本新つかめるか 破天荒ランナー新谷仁美の現在地

日本の陸上女子長距離界で異彩を放つランナーの一人である新谷仁美(34)=積水化学。2018年に電撃的に現役復帰して以降、1万メートルとハーフマラソンで日本記録を塗り替え、昨年の東京五輪は1万メートルに出場したが、徐々に活躍の場を42・19…