第60回男子・第32回女子中国高校駅伝

明日(11/17) 浜山陸上競技場スタートゴールに開催

 

県予選ランキング

男子

 

女子  は、全国大会が30回の記念大会のため各県2位以下のチームに敗者復活戦があるよ。

 

 

 

PS. なお、私は 明日は所用で行けません。どなたか、現場レポートを入れてもらえると助かります。

新プロジェクト「JAAF RunLink」発足!競技団体としての新たな役割として、ウェルネス陸上の理念の実現へ~2040年までにランニング人口2000万人を目指す~

2018年11月13日、市民マラソン大会の統括・支援、個々人のライフスタイルに合わせたランニングを楽しめる環境・機会を提供することを目的とした新プロジェクト「JAAF RunLink」(後援:スポーツ庁経済産業省 協力:一般社団法人 日本経済団体連合会)を発足し、概要発表記者会見を行いました。

トップアスリートの育成・強化に注力してきた、競技陸上中心のこれまでの取り組みに加え、競技団体としての新たな役割として、すべての人がすべてのステージにおいて陸上競技を楽しめる環境をつくるという「ウェルネス陸上」の理念の実現に向けて発足したプロジェクトになります。

全国各地で開催されている約2,000~3,000にものぼる市民マラソン大会や行政、企業といった、あらゆるステークスホルダーとの連携や、数千万人とも言われるランナーデータを一元化したデータベースを構築し、そのビッグデータを活用していくことで、ランニング人口の拡大および、ランニング・健康市場の活性化を目指しております。

www.jaaf.or.jp

男子マラソン“快走”の理由 低迷抜けた1年、日本新連発の背景にあるものは

 日本の男子マラソンが活気づいている。2月の東京マラソン設楽悠太(ホンダ)が2時間6分11秒の日本新を出して高岡寿成(現カネボウ監督)の記録を16年ぶりに破ると、10月のシカゴ・マラソンでは大迫傑(ナイキ)が日本人初の2時間5分台となる2時間5分50秒で日本記録を更新。8月のジャカルタアジア大会では井上大仁MHPS)がこの種目で32年ぶりとなる金メダルに輝いた。長いトンネルを抜けた理由を大迫の話を通して探った。

headlines.yahoo.co.jp

 

 

 

 

東京五輪ラソン代表への道 選考会は19年9月15日

 2020年東京五輪のマラソン代表選考会「グランドチャンピオンシップ(GC)」は、男女とも19年9月15日に行われる。

www.nishinippon.co.jp

「立教箱根駅伝2024」事業始動! 立教大学体育会陸上競技部の男子駅伝監督に上野裕一郎氏が内定

立教大学(総長:郭 洋春)は、2024年の創立150周年に向けた記念事業として、「立教箱根駅伝2024」事業を開始、2024年1月の東京箱根間往復大学駅伝競走(以下、箱根駅伝)本戦出場を目指します。これに伴い、体育会陸上競技部(監督:原田昭夫)の男子駅伝監督に横浜DeNAランニングクラブ選手の上野裕一郎氏が内定、2018年12月1日に着任予定です。

www.rikkyo.ac.jp

エリウド・キプチョゲ選手が来日

ラソン世界記録保持者であるエリウド・キプチョゲ選手が来日し、自身のコーチであるパトリック・サング氏とともに、日本の陸上競技選手やコーチに向けた「ナイキ エリート ランニング キャンプ」と称されたトレーニングセッションを11月10日に駒澤大学で行った。

 

設楽悠太、村山謙太、村山紘太、中村匠吾が抱くキプチョゲへの憧れ

レーニングセッションには、設楽悠太選手(ホンダ)、村山謙太選手(旭化成)、村山紘太選手(旭化成)、中村匠吾選手(富士通)といった陸上競技選手や、各大学の陸上部監督・選手計30名前後(駒澤大学東洋大学中央大学など)が参加した。

spread-sports.jp

 

 

 

為末大の質問が無邪気かつ鋭い「キプチョゲ選手は練習をサボったりしないんですか?」

イベントの進行を務めたのは元陸上選手の為末大さん。ナイキが主催する大きなイベントで、為末氏が進行を務めることは過去にもあった。ナイキだけではない。今や各メディアからも引っ張りだこである為末さんの高い司会能力は、今回のイベントでも健在だった。

spread-sports.jp

 

 

 ラソン世界記録保持者、キプチョゲの練習メニューは駒澤大学の練習メニューと「似ている」?

レーニングセッションには、設楽悠太選手(ホンダ)、村山謙太選手(旭化成)、村山紘太選手(旭化成)、中村匠吾選手(富士通)といった陸上競技選手や、各大学の陸上部監督・選手計30名前後(駒澤大学東洋大学中央大学など)が参加した。

サング氏はキプチョゲ選手を「トレーニングもチャレンジ精神にあふれているし、あたたかい心をもって仲間に接する素晴らしい選手だ」と称する。

そのキプチョゲ選手の人格に、各選手たちも「人として、選手以前に尊敬できる部分がたくさんあると感じました(中村匠吾選手)」といった発言もあったように様々な刺激を受けたようだ。

spread-sports.jp

 

 

キプチョゲ、日本のランナーにアドバイス「勝つことは大事じゃない。いかに準備をするか」

ラソン世界記録保持者であるエリウド・キプチョゲ選手が来日し、自身のコーチであるパトリック・サング氏とともに、日本の陸上競技選手やコーチに向けた「ナイキ エリート ランニング キャンプ」と称されたトレーニングセッションを11月10日に駒澤大学で行った。

キプチョゲ選手は2018年9月16日に開催されたベルリン・マラソンで、これまでのマラソンの世界記録を1分以上更新し、2時間1分39秒の世界記録で優勝を果たした選手。

spread-sports.jp

 

 

キプチョゲはなぜ結果を出せる?…3つの角度で師と仰ぐ、コーチとの深い信頼関係

キプチョゲ選手のコーチであるパトリック・サング氏は、1992年バルセロナ五輪に出場し、3千メートル障害で銀メダルを獲得した元陸上選手。キプチョゲ選手にとっては同郷の偉大な先輩とも言える。

キプチョゲ選手にとってサング氏は、「競技コーチ、ビジネス分野でのコーチ、人生のコーチ」という3つの角度で師と仰ぐ存在であるという。日頃よりトレーニングの話だけではなく、人生論まで話し合う。

spread-sports.jp

陸上の世界ランキング「世界選手権」参加基準にせず

国際陸連は11日、来季導入予定の世界ランキングを世界選手権(来年9~10月、ドーハ)の参加基準として採用しないと発表した。

従来通り参加標準記録を設定する。12月上旬の会議で具体的な記録を承認する予定。

国際陸連は当初、19年9月公表予定の世界ランキングと、従来とは異なる高水準の参加標準記録を突破すること、の2通りを基準とする予定だった。しかし、ランキング制の採用は協議を継続するとして見送りとなり、来季からのランキング制度導入の予定は変わらないとしている。

headlines.yahoo.co.jp

第34回東日本女子駅伝  結果

東京、10年ぶりV!アンカー新谷が4人ゴボウ抜き大逆転

 第34回東日本女子駅伝(11日、福島市信夫ヶ丘競技場発着)東京が2時間18分44秒で10年ぶり9度目の優勝を果たした。2012年ロンドン五輪陸上女子1万メートル代表で、今季4年ぶりに競技に復帰したアンカーの新谷(にいや)仁美(30)=ナイキTOKYOTC=が、9区(10キロ)で4人抜きの激走。区間記録(31分11秒)を18年ぶりに更新する31分8秒をマークして、大逆転劇を演じた。

headlines.yahoo.co.jp

 

 

 

 

 

大会HP