設楽悠太(Honda)、宮崎市で練習を公開

設楽悠太「2時間4分台でなければ国内最後の大会に」の真意

 東京マラソンに出場する設楽悠太Honda)が1月23日、宮崎市で練習を公開。兄の設楽啓太が所属する日立物流のメンバーと一緒に4.3kmのコースを8周する距離走を行い、その後の会見では、変わらず独特なマラソン観を披露した。

headlines.yahoo.co.jp

 

 

 

設楽“五輪辞退”発言にホンダ・小川監督は困惑「彼の発言は0か100」

 男子マラソン設楽悠太(28=ホンダ)が23日、合宿先の宮崎市内で取材に応じ、3月1日の東京マラソン東京五輪出場権を獲得しても、2時間5分台のレースだった場合は代表を辞退する可能性を示した。5分台では世界と戦えないのが理由。また、東京マラソンを国内最後とすることも宣言した前日本記録保持者のレースに注目が集まる。

headlines.yahoo.co.jp

 

 

 

 

訃報 マラソンの島根県記録保持者:勝部和博君

訃報

今朝、5時頃に斐川陸上史上最高の選手だったホシザキ陸上部の勝部和博さんが 49歳の若さでお亡くなりななりました。
慎んでお悔やみ申し上げます。
尚、葬儀の方は虹のホール斐川で土曜日の午後1時半から執り行われます。

母は浪速路V4レジェンド!スタインラック、東京五輪ドイツ代表へ独走よ

 東京五輪女子代表の残り1枠を争う「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジ」の2戦目、「第39回大阪国際女子マラソン」(ヤンマースタジアム長居発着)が26日に行われる。22日は大阪市中央区ホテルニューオータニ大阪に選手村がオープン。大会最多4度の優勝を誇るカトリン・ドーレ(58)を母に持つ、カタリナ・スタインラック(30)=ドイツ=は東京五輪代表内定につながる走りへ意気込んだ。

headlines.yahoo.co.jp

MGCファイナルチャレンジ女子第2戦:大阪国際女子マラソン展望

 第39回大阪国際女子マラソンが1月26日、大阪市ヤンマースタジアム長居陸上競技場を発着点とする42.195kmのコースで開催されます。
 この大会は、東京オリンピック女子マラソン代表の最後の1枠を巡る選考レース「MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)ファイナルチャレンジ」の第2戦として行われるもの。東京オリンピック女子マラソン代表は、昨年9月15日に開催されMGCにおいて上位を占めた前田穂南選手(天満屋)と鈴木亜由子選手(日本郵政グループ)の2名がすでに内定していますが、残り1名については、MGCファイナルチャレンジにおいて、2時間22分22秒の設定記録を上回ったなかで、最も記録のよい競技者が選ばれることになっています。昨年、MGCファイナルチャレンジ第1戦として実施されたさいたま国際マラソン(12月8日)では該当者が出なかったため、残るチャンスは今回の大阪国際女子と3月8日に行われる名古屋ウィメンズの2大会。もし、両レースで条件を満たす選手が現れなかった場合は、MGC3位の小原怜選手(天満屋)が代表に内定します。

sports.yahoo.co.jp

「魔法の靴」厚底シューズとスラップスケート、高速水着の違いは?

最新モデル「超厚底」も完成済み、技術ドーピングの対象?
陸上の長距離界を席巻する「魔法の靴」厚底シューズが世界陸連の新規定で規制がかかる可能性が高まっている。話題を独占するのは米スポーツ用品大手ナイキが2017年に出した「ヴェイパーフライ」シリーズ。現行の第3モデル「ズームXヴェイパーフライネクスト%」に加え、最新の通称「アルファフライ」と呼ばれる第4モデル「超厚底」の試作品も既に完成済みといわれ、英メディアでは少なくとも最新モデルが「技術ドーピング」の対象になるとの見方がある。

男女マラソンの世界記録更新をはじめ市民ランナーも愛用し、東京五輪を目指す日本のトップ選手や正月の箱根駅伝でも選手の好タイムが相次ぐ厚底シューズ。定価は約3万円と一般市民にも手が届く範囲で、反発力のあるカーボンファイバー(炭素繊維)の板を挟み込み、軽量化やクッション性とともに足を前に押し出す「推進力」を両立させている点で人気商品となった。

スポーツ界で新技術の開発と競技の公平性を巡るルールで物議を醸した例は過去にもあったが、スピードスケート界に「革命」を起こして定着した「スラップスケート」と、世界記録連発で後に禁止となった「高速水着」の違いはどこにあるのか―。

spaia.jp

厚底禁止でどうなる五輪マラソン代表 未定「3人目」関係者やきもき

 陸上の長距離界を席巻する米スポーツ用品大手ナイキの「厚底シューズ」を世界陸連が新規則で禁じると英メディアが報じたことで、日本の選手や関係者にも波紋が広がっている。

 禁止について世界陸連が公式に見解を出していない中、日本は東京五輪のマラソン代表選考が最終局面を迎える。男女とも2人が決定し、残りは1枠。女子は1月26日に大阪国際女子、男子は3月1日に東京と、好タイムが期待できる高速レースを控える。

www.nishinippon.co.jp

 

 

 

大迫傑VS設楽悠太 ナイキ第4モデル“超厚底”で五輪切符争いあるぞ 3・1東京マラソンで日本デビュー

 米スポーツ用品大手のナイキが、厚底シューズの新モデルを東京マラソン(3月1日)で日本デビューさせる計画を進めていることが19日、分かった。同大会は東京五輪男子代表選考を兼ね、日本記録保持者の大迫傑(28)=ナイキ=や前日本記録保持者の設楽悠太(28)=ホンダ=らが出場予定。世界記録を持つエリウド・キプチョゲ(35)=ケニア=だけに使用が許されていた第4モデルの「超厚底」が供給されれば、五輪切符を巡る超高速レースが実現しそうだ。

headlines.yahoo.co.jp