【女子リレー】新プロジェクトのセレクションを実施しました!

日本陸上競技連盟公式サイト - Japan Association of Athletics Federations

 

1月13日、女子リレー新プロジェクトのセレクションが、東京・北区の味の素ナショナルトレーニングセンター陸上トレーニング場において行われました。

このプロジェクトは、2020年東京オリンピック出場権獲得を最大目標として、女子リレー(4×100mR、4×400mR)の特別強化を行うべく、日本陸連強化委員会が昨年11月末に新たに立ち上げたものです。11月29日に記者発表(詳細はこちら https://www.jaaf.or.jp/news/article/12268/ )を行い、翌30日から募集を開始。12月15日には競技者、専任コーチ、関係者に向けて説明会(詳細はこちら http://www.jaaf.or.jp/news/article/12300/ ) を開き、最終的に計48名(延べ53名/4×100mR:32名、4×400mR:21名)から申し込みを受けての実施となりました。

 

www.jaaf.or.jp

 

 

リレー代表候補一覧

http://www.jaaf.or.jp/files/upload/201901/16_161622.pdf

4年ぶり現役復帰の新谷仁美、型破りコメントの裏に見えるもの

 歯に衣(きぬ)着せぬとは、この人のことを言うのだろう。13日に京都市西京極陸上競技場で行われた全国都道府県対抗女子駅伝で東京のメンバーとして6年ぶりに都大路を走ったロンドン五輪代表の新谷仁美(30)=ナイキTOKYOTC=が、9区(10キロ)で7人のごぼう抜きを見せ、区間賞と優秀選手賞を獲得した。

 昨年、4年ぶりに現役復帰。たった1年とは思えない破格の快走と同様に、ゴール後の取材でも新谷は型破りだった。復帰理由は「気分です」「100%お金。ビジネスですから」。レースの手応えを問われても「走るのって難しくないんですよ。技を披露するものでもない。前の人を抜けばいいんだからシンプルなスポーツ。答えが決まっているんです」と言い放つ。

headlines.yahoo.co.jp

女子リレーナショナルチーム選考会

代表候補選考会に45人

 陸上の女子リレー代表候補選考会が13日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで行われ、日本陸連の公募で集まった45人が参加した。2020年東京五輪の出場権獲得を目指した取り組みで、120メートルや350メートルなどのタイムトライアルを実施した。

www.jiji.com

 

 

 

 

初公募!リレーナショナルチーム選考会に市川華菜

陸上女子リレーのナショナルチーム選考会が13日、都内であった。31人が参加した400メートルリレー候補の選考ではトラック第2コーナーのバトンゾーンを利用した30メートル走と得意区間での120メートル走のタイム計測が実施された。

headlines.yahoo.co.jp

 

 

 

 

 

リレー壹岐いちこ、同じる立命大進学の妹あいこに助言

陸上女子リレーのナショナルチーム選考会が13日、都内で行われた。31人が参加した400メートルリレー候補の選考ではトラック第2コーナーのバトンゾーンを利用した30メートル走と得意区間での120メートル走のタイム計測が実施された。

headlines.yahoo.co.jp

第37回都道府県対抗女子駅伝 速報

島根県選手  ( 通過順  区間タイム  区間順 )

1区 三浦 優葉(益田東高 3)       44  21.25  44

2区 小玉 芽依(東亜大 2)          44  14.06  46

3区 田邊 心(河南中 3)              45  10.27  44

4区 田中 愛樹(平田高 3)          44  14.16  40

5区 井上 実乃里(松蔭大 2)      43  14.24  28

6区 今岡 宥莉香(平田高 1)      44  14.16  47

7区 柘植 裕季葉(松江北高 2)  45  14.16  47

8区 来間 美月(河南中 2)         45  11.13  43

9区 黒田 純菜(TOTO) [F]        47  36.12  47

    47位   2.30.35

 

優勝  愛知  2.15.43

2位  京都  2.16.45

3位  大阪  2.17.01

 

大会公式記録:皇后盃 第37回全国女子駅伝

第37回都道府県対抗女子駅伝区間エントリー

明日 京都で開催

 

島根県選手一覧

1区  三浦 優葉(益田東高 3)

2区  小玉 芽依(東亜大 2)

3区  田邊 心(河南中 3)

4区  田中 愛樹(平田高 3)

5区  井上 実乃里(松蔭大 2)

6区  今岡 宥莉香(平田高 1)

7区  柘植 裕季葉(松江北高 2)

8区  来間 美月(河南中 2)

9区  黒田 純菜(TOTO) [F]

 

 

 

オーダーリスト(2019年1月12日時点):皇后盃 第37回全国女子駅伝

日清食品グループねた

日清食品、駅伝撤退 活動縮小、今後は「個人での世界」目指す

 日清食品グループが11日、強豪の陸上競技部を縮小する方針を示したことに、陸上界には困惑が広がった。財団を通じた若手の海外挑戦支援、小学生大会への協賛などの実績がある同社の駅伝撤退。日本陸上競技連盟の麻場一徳強化委員長は「びっくりしている。東京五輪も近いので残念」と話した。

topics.smt.docomo.ne.jp

 

 

 

 

山梨学院大・上田監督、日清撤退で永戸の進路心配

実業団駅伝の強豪である日清食品グループは11日、今年1月以降、駅伝から撤退すると発表した。佐藤悠基(32)と村沢明伸(27)を除く12人の部員には社業に専念するか、移籍をすすめる。山梨学院大4年の永戸聖主将ら今春の入社が内定していた選手も内定取り消しとなった。

headlines.yahoo.co.jp

 

 

 

 

 

青学大・原監督 日清食品Gの駅伝撤退で「追随するチームが出ない事を願う」

 青学大陸上部(長距離ブロック)の原晋監督が11日、自身のツイッターで、日清食品グループ陸上競技部が駅伝からの撤退を決めたことについて、懸念をつぶやいた。

headlines.yahoo.co.jp