ロンドン世界陸上 総決算 PartⅡ

東京五輪にも必ず出てほしい!世界陸上の美女アスリート10選

 熱狂のうちに幕を閉じた世界陸上2017。ウサイン・ボルトの衝撃のラストランをはじめ、連日の名勝負で寝不足になった方も多いのではないでしょうか。そこで大会の激闘を思い出しつつ、夏のロンドンを熱く盛り上げてくれた選手たちの中から、美女アスリート10人を厳選してご紹介します!

sportiva.shueisha.co.jp

 

 

 

東京五輪でメダル独占するかも…。ロンドンで日本の競歩が見せた夢

 昨年のリオデジャネイロ五輪では荒井広宙(ひろおき/自衛隊体育学校)が銅メダルを獲得。期待されていた谷井孝行自衛隊体育学校)は、体調を仕上げられず失速する結果だったが、日本陸連の今村文男競歩オリンピック強化コーチは「人が代わってもメダルを獲れるという、日本競歩の強さを見せる結果になった」と評価していた。

sportiva.shueisha.co.jp

 

 

 

世界陸上400Mリレー銅メンバーの言葉から見えた東京五輪「金」取り根拠

 陸上世界選手権(英国・ロンドン)男子400メートルリレーで銅メダルを獲得した多田修平(21=関学大)、飯塚翔太(26=ミズノ)、桐生祥秀(21=東洋大)、藤光謙司(31=ゼンリン)が15日、羽田空港で帰国会見を行った。昨年のリオ五輪銀メダルに続く表彰台で日本は実力国の仲間入りを果たしたことを改めて証明。2020年東京五輪での金メダルも「夢物語」ではなくなったのか? メンバーの言葉から3年後の頂点への可能性を探った。

headlines.yahoo.co.jp

 

 

 

絶対的本命の敗戦が競技を面白くする番狂わせが目立ったロンドン世界陸上
これだけ“番狂わせ”が目立った大会がこれまでにあっただろうか?

 現地時間13日に閉幕した陸上の世界選手権(イギリス・ロンドン)において、昨年のリオデジャネイロ五輪の優勝者は47種目中22種目(男子が9種目、女子が13種目)でしかメダルを取れなかった。15年北京大会の優勝者が、リオ五輪では47種目中32種目(男子16種目、女子16種目)でメダルを獲得していることと比べると今回は少ない。

sports.yahoo.co.jp

ロンドン世界陸上 総決算

川内の9位がやっと 男子マラソン“粘って拾う戦法”に限界

 予想通りの結果だった。

 男女同日開催のマラソンは、男子はケニアのジョフリー・キルイ(24)が2時間8分27秒で初優勝。日本勢は、今回で代表引退を表明している川内優輝(30)が2時間12分19秒で9位。中本健太郎(34)は2時間12分41秒で10位、井上大仁(24)は2時間16分54秒で26位に沈んだ。

www.nikkan-gendai.com

 

 

 

400mリレー初の銅 日本男子“大バクチ変更”ズバリの裏側

 日本の強みが発揮された。陸上の世界選手権9日目(日本時間13日=ロンドン)の男子400メートルリレー決勝で、日本(多田修平=関学大飯塚翔太=ミズノ、桐生祥秀東洋大藤光謙司=ゼンリン)が38秒04で3位に入り、世界選手権で初のメダルを獲得した。

headlines.yahoo.co.jp

 

 

 

東京五輪メダルへ現実味 サニブラウンの走りどう進化した

 陸上の世界選手権男子200メートル決勝(10日=ロンドン)で20秒63で7位に終わったサニブラウン・ハキーム(18)。

 日本勢14年ぶりの表彰台はならなかったが、大物の片りんを見せつけた。

 決勝本番では終盤に右足の異常で失速したものの、前半の100メートルでは海外勢と互角のレースを展開した。

www.nikkan-gendai.com

 

 

 

ボルト「頼らずとも偉大になれると証明した」 引退会見で残した“最後の提言”

 人類最速男と呼ばれたウサイン・ボルト(ジャマイカ)は、ロンドンで行われた陸上の世界選手権を最後に現役引退した。輝かしいキャリアに幕を下ろしたスーパースターは「ドーピング違反者には永久追放を」と“最後の提言”を行ったという。英地元紙「ガーディアン」が報じた。

headlines.yahoo.co.jp

 

 

 

桐生VS多田!いきなり9月に激突 日本インカレで9秒台狙う熱戦

 陸上の世界選手権で銅メダルを獲得した男子の400メートルリレー代表、男子50キロ競歩銀メダルの荒井広宙(29)=自衛隊、銅メダルの小林快(24)=ビックカメラ=ら日本代表が15日、羽田空港に帰国した。リオデジャネイロ五輪に続きメダリストとなった桐生祥秀(21)=東洋大、リレー1走の多田修平(21)=関学大=はともに日本学生対校選手権(9月、福井)に出場予定。デッドヒートで日本人初の9秒台を狙う。

headlines.yahoo.co.jp

サニブラウンはボルトの後継…国際陸連会長が絶賛「若い才能」

 国際陸連セバスチャン・コー会長は、総括会見でサニブラウンらの名前を出し「非常に若い才能が台頭し、これだけ注目を集めた大会は記憶にない」と絶賛した。15年世界ユース短距離2冠から順調に成長する大器を、世界は現役引退したボルトの後継者候補として注目。サニブラウンは「(ボルトのように)簡単になれれば苦労はしないけど、目標としては最大のものを持って励みたい。(3種目を)走れるような体を作りたい」。100メートル、200メートル、400メートルリレーで世界陸上3大会、五輪でも2大会で3冠の本家同様、短距離種目を総なめできるスプリンター像を夢見ている。

 

headlines.yahoo.co.jp

ロンドン世界陸上 最終日

男子 50Km競歩 決勝  2位  荒井 広宙  3:41:17

                                   3位  小林 快   3:41:19

                                   5位  丸尾 知司  3:43:03

男子 20Km競歩 決勝  11位  藤澤 勇  1:20:04

                                   14位  高橋 英輝   1:20:36

                                   38位  松永 大介   1:23:39

女子 20Km競歩 決勝  18位  岡田 久美子   1:31:19

ロンドン世界陸上 9日目

男子 4x100m 予選 1組  3位  日本(多田、飯塚、桐生、ケンブリッジ)  38.21

                       決勝   3位   日本(多田、飯塚、桐生、藤光)   38.04

                       動  画

男子 4x400m 予選 1組 8位 日本(佐藤、金丸、木村、堀井)  3:07.29

男子10種競技決勝 18位  中村 明彦  7646

                                 19位  右代 啓祐   7498

ロンドン世界陸上 8日目

女子100mH予選 1組  4位  木村 文子  13.15 準決勝進出

                           4組 6位  紫村 仁美   13.29

女子100mH準決勝 2組 8位 木村 文子 13.29

男子走高跳予選 B組  9位  衛藤 昂  2.22

男子10種競技 決勝(前半)  26位  中村 明彦  3925

                                            27位   右代 啓祐  3685