読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4月27日は日本初の駅伝が東海道で開催された日です。

 長距離のコースを複数の区間に分け、各走者がたすきを手渡しながら合計タイムを競う駅伝競走。その始まりは100年前のきょう、1917(大正6)年4月27日より3日間かけて実施された東西対抗の「東海道駅伝徒歩競走」にさかのぼる。このとき選手たちは、京都・三条大橋から東京・上野不忍池までの516キロメートルを、23区間に分けて競走した。主催は読売新聞社で、「駅伝」の名は、このとき同社の社会部長だった歌人土岐善麿が、東海道五十三次にちなんでつけたものとされる。

 

bunshun.jp