読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボストンマラソン3位の大迫、快走の裏に米国“虎の穴”極秘プロジェクト

 冬の時代が続く日本マラソン界に“春”を呼び込むような快走だった。初マラソンとなった大迫傑(25、ナイキ・オレゴンプロジェクト)がボストンを走り、2時間10分28秒で3位に食い込んだからだ。

 ボストンマラソンは1897年に創始された伝統ある大会で、世界最高峰シリーズ「アボット・ワールドマラソンメジャーズ」のひとつ(他は東京、ロンドン、ベルリン、シカゴ、ニューヨークシティ)。優勝賞金は15万ドル(約1,635万円)と最も高額で、世界中から一攫千金を狙う猛者たちが集まってくる。今回も2時間3分13秒の自己ベストを持つエマニュエル・ムタイ(ケニア)ら世界屈指のスピードランナーたちが集結した。

 

thepage.jp