読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神奈川大・鈴木健吾、富士通へ

 今年の箱根駅伝2区で区間賞を獲得した神奈川大の鈴木健吾(4年)が来春の進路先を富士通に絞ったことが8日、分かった。“花の2区”で青学大のエース一色恭志(現GMOアスリーツ)らに競り勝ち、歴代10位の1時間7分17秒の好記録をマーク。神奈川大史上初めて往路の戸塚中継所をトップ通過し、総合5位と12年ぶりのシード権(10位以内)獲得に貢献。一躍、20年東京五輪男子マラソンの期待の星となった。

 

www.hochi.co.jp