読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高速化した東京マラソンで露呈した日本の致命的弱点

 東京の風物詩となった都庁からのスタートシーンだが、今回は“初速度”が違っていた。3万5千人を超えるランナーたちの先頭を、アフリカ勢が圧巻のスピードで駆け抜けていく。ベルリンやロンドンなどで見られていた光景がTOKYOでも繰り広げられた。

 ファーストペースメーカーは5kmを14分15秒、10kmを28分50秒という世界記録(2時間2分57秒)を上回るスピードで飛ばしていく。中間点の通過は1時間1分22秒。「世界記録を狙う」と宣言していたウィルソン・キプサング(ケニア)は悠々とレースを進めていた。

 トップ集団のなかに日本勢の姿はない。有力選手の大半は“日本人向け”ともいうべき、「2時間7分前後」に設定されたサードペースメーカーの後ろを走っていた。中間点の通過は1時間3分39秒。この地点でキプサングに2分17秒もの大差をつけられた。

 

 

thepage.jp