読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勝つために遅く走る日本のマラソン 新戦術「ネガティブスプリット」とは

 8月の世界選手権ロンドン大会の選考レースでもあった1月29日の大阪国際女子マラソン重友梨佐天満屋)の優勝タイムは2時間24分22秒とレベルの高いものではなかったが、新たな方針を打ち出した日本陸連強化委員会・マラソン強化戦略プロジェクトとしては、それなりの成果を得られるレース内容だった。

 

 

sportiva.shueisha.co.jp