読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全日本大学駅伝で見えた箱根での青学ライバル6校

 10月10日に出雲駅伝、11月6日に全日本大学駅伝が行われ、V候補だった青学大が連勝した。正月の箱根駅伝が近づきつつあるが、第93回大会はどんな戦いが待っているのだろうか。

 出雲駅伝はライバル校が主力を欠いたとはいえ、青学大の強さが際立ったレースになった。ルーキー鈴木塁人が1区を区間5位と好走。最終区間に配置されたエース一色恭志にタスキを渡す前にトップを奪い、悠々と連覇を果たした。全日本でもアンカーを務めた一色がトップ早大との49秒差をあっさりと逆転。チームは初優勝に輝いている。

 青学大は出雲と全日本で合計10人の選手を起用しているが、その他にも前回3区区間賞の秋山雄飛、関東インカレ2部ハーフマラソンを連覇した池田生成が控えており、総合力はナンバー1だ。加えて、箱根では一色の3年連続2区が濃厚。1区で出遅れない限り、現役日本人学生で「最強」といわれる“絶対エース”が3連覇への流れを作るだろう。


Y!ニュース