読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高橋尚子の世界最高記録から15年。 なぜ日本マラソンは弱くなったか?

 9月25日、ドイツにて第43回ベルリンマラソンが行なわれた。男子は、5000mと1万mの世界記録保持者であるケネニサ・ベケレ(エチオピア)が、マラソン世界記録にあと6秒まで迫る歴代2位の2時間03分03秒で初優勝。そして2位には、2013年大会を制したウィルソン・キプサング・キプロティチ(ケニア)が歴代4位タイとなる2時間03分13秒でゴール。好タイムが出やすいベルリンマラソンは、今年もすさまじいレースが繰り広げられた。

Sportiva