【女子リレー】新プロジェクトのセレクションを実施しました!

日本陸上競技連盟公式サイト - Japan Association of Athletics Federations 1月13日、女子リレー新プロジェクトのセレクションが、東京・北区の味の素ナショナルトレーニングセンター陸上トレーニング場において行われました。 このプロジェクトは、2020年…

4年ぶり現役復帰の新谷仁美、型破りコメントの裏に見えるもの

歯に衣(きぬ)着せぬとは、この人のことを言うのだろう。13日に京都市の西京極陸上競技場で行われた全国都道府県対抗女子駅伝で東京のメンバーとして6年ぶりに都大路を走ったロンドン五輪代表の新谷仁美(30)=ナイキTOKYOTC=が、9区(10…

女子リレーナショナルチーム選考会

代表候補選考会に45人 陸上の女子リレー代表候補選考会が13日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで行われ、日本陸連の公募で集まった45人が参加した。2020年東京五輪の出場権獲得を目指した取り組みで、120メートルや350メ…

消えた天才

オリンピック二度のメダル🥈🥉に輝いた 有森裕子さんが学生時代に憧れた選手が島根県に… m.youtube.com

第37回都道府県対抗女子駅伝 速報

島根県選手 ( 通過順 区間タイム 区間順 ) 1区 三浦 優葉(益田東高 3) 44 21.25 44 2区 小玉 芽依(東亜大 2) 44 14.06 46 3区 田邊 心(河南中 3) 45 10.27 44 4区 田中 愛樹(平田高 3) 44 14.16 40 5区 井上 実乃里(松蔭大 2) 43 14.24 28 6区 今岡 宥…

第37回都道府県対抗女子駅伝区間エントリー

明日 京都で開催 島根県選手一覧 1区 三浦 優葉(益田東高 3) 2区 小玉 芽依(東亜大 2) 3区 田邊 心(河南中 3) 4区 田中 愛樹(平田高 3) 5区 井上 実乃里(松蔭大 2) 6区 今岡 宥莉香(平田高 1) 7区 柘植 裕季葉(松江北高 2) 8区 来間 美月(河南中 2) …

日清食品グループねた

日清食品、駅伝撤退 活動縮小、今後は「個人での世界」目指す 日清食品グループが11日、強豪の陸上競技部を縮小する方針を示したことに、陸上界には困惑が広がった。財団を通じた若手の海外挑戦支援、小学生大会への協賛などの実績がある同社の駅伝撤退。日…

駅伝のオールスターゲーム!全国女子・男子駅伝スペシャル

大好評の“駅伝バラエティー!”去年に続き第2弾!駅伝のオールスターゲーム「全国女子・男子駅伝」の魅力をタレント・元選手がとことん堪能、爆笑トーク!興奮の前夜祭 これで駅伝が100倍面白くなる!1月13日女子が京都、20日男子が広島を走る「全国女子・男…

真木和さんしのぶ献花台設置 「往年のファン別れ告げる場に」

かつて5連覇した京都チームの黄金期を支え、昨秋に49歳の若さで死去した真木和(いずみ)さん(現姓・山岡)をしのぶ献花台が大会当日の13日、京都市右京区の西京極陸上競技場に設けられる。 headlines.yahoo.co.jp

日清食品陸上部が大幅縮小、佐藤悠基と村沢明伸以外12選手退部へ…2選手は内定取り消し

ニューイヤー駅伝(全日本実業団駅伝)優勝2回などを誇る強豪の日清食品グループ(G)陸上部が活動を大幅に縮小することが10日、分かった。9月に行われる20年東京五輪マラソン代表選考会(MGC)の出場権を持つ佐藤悠基(32)と村沢明伸(27)…

第24回荒神谷駅伝中止のお知らせ

例年3月に行われる「『荒神谷駅』ですが本年度は、諸般の都合で中止」すると事務局から連絡がありました。

第24回全国都道府県対抗男子駅伝 エントリー

1月20日(日) 12時30分スタート 平和記念公園前を出発、平和大通り、宮島街道を西進し、JR前空駅東(廿日市市大野)を折り返し、平和大通り、城南通りを経由、平和記念公園前を決勝とする7区間、48.0kmのコース 区間と距離 7区間:48.0km 第1区:7.0km 平和記…

第37回都道府県対抗女子駅伝 NHK:コラム・取材記

www.nhk.or.jp コラム・取材記 【全国女子駅伝】Vol.5 ~愛知~2019年1月07日 【全国女子駅伝】Vol.4 ~東京~2019年1月07日 【全国女子駅伝】Vol.3 ~神奈川~2019年1月07日 【全国女子駅伝】Vol.2 ~兵庫~2019年1月07日 【全国女子駅伝】Vol.1 ~大阪~

「魔法のシューズ」衝撃減らし推進力 マラソン新記録の選手使用

2018年、男子マラソン界では、新記録が次々に生まれた。 2月の東京で設楽悠太(ホンダ)が16年ぶりに日本記録を更新する2時間6分11秒をマークすると、8カ月後のシカゴでは大迫傑(ナイキ)が2時間5分50秒で設楽の記録を塗り替えた。そして9…

第37回都道府県対抗女子駅伝 エントリー

1/13 京都で開催 www.womens-ekiden.jp エントリー一覧 島根県選手一覧( ◯ : ふるさと選手) 井上 実乃里(イノウエ ミノリ)25 松蔭大落合 沙紀 (オチアイ サキ) 23 小島プレス ◯黒田 純菜 (クロダ スミナ) 22 TOTO ◯小玉 芽依 (コダマ メイ) 20 …

えびすだいこく100kmマラソン 申込

専用WEBサイト(インターネット)または郵送での申込みの2通りとなります。(「費用削減・事務効率化=参加費据置き」のためにも「専用WEBサイト」でのお申込みに極力ご協力ください。) 申込み期間は2019年1月7日(月)~1月21日(月)迄。 日程 2019年5月12…

箱根駅伝 青学ねた

箱根駅伝、青山学院の負けてもライバルを震撼させた底力 青山学院の「復路の激走」が与えた衝撃 箱根駅伝は東海大学が初優勝。青山学院の総合5連覇は成らなかった。 今回は「ゴーゴー大作戦」と、例年にも増して軽薄とも思えるキャッチフレーズで臨んだ青山…

マラソン五輪代表に新選考制度導入、予選シリーズに豪華メンバーずらり/2019年のマラソン界の行方

レジェンド瀬古利彦さん就任で制度一新 新しい年が明けた。正月三が日はランナーというかマラソンファンにとって至福の時間だ。元日の「ニューイヤー駅伝」に始まり、翌2〜3日にかけての「箱根駅伝」と、この3日間はどっぷりテレビ観戦にひたれるからだ。ニ…

2019年大河の主役!金栗四三が「箱根駅伝」のコースを決めた理由

箱根駅伝が好きすぎて箱根山中に家を買った大バカ編集者として紹介されてはや3年。ふるさと納税も箱根町に納め、土着化計画は進行している。 私はもちろん出雲も全日本も、さらにはニューイヤー駅伝も都大路(高校駅伝)も楽しみに見ているが、それでも心から…

第95回箱根駅伝 関連記事 Part II

東海大学が悲願の総合初優勝。チームに生まれた箱根駅伝への「執念」。 「優勝を狙ってはいましたが、絶対に勝てるという確信はありませんでした。優勝の実感はまだ湧かないですね」 大学史上初となる箱根駅伝総合優勝を成し遂げた後も、東海大学の両角速駅…

第95回箱根駅伝 関連記事

総合公式記録、 区間賞一覧 東海大が初の総合V 平成最後に悲願成就 両角監督の変化で黄金世代一丸!青学撃破 平成最後の箱根駅伝で、悲願はついに成就した。往路2位の東海大は、8区の小松陽平(3年)が区間新記録の走りでトップに立つと以降は首位を譲ら…

第95回箱根駅伝復路

総合 優勝 東海大 10:52:09 総合新記録 2位 青山学院大 10:55:50 総合新記録 3位 東洋大 10:58:03 4位 駒澤大 11:01:05 5位 帝京大 11:03:10 6位 法政大 11:03:57 復路 優勝 青山学院大 5:23:49 復路新記録 2位 東海大 5:24:24 復路新記録 3位 帝京大…

第95回箱根駅伝往路

優勝 東洋大 5:26:31 往路新記録 2位 東海大 5:27:45 往路新記録 3位 國學院大 5:29:15 4位 駒澤大 5:29:59 5位 法政大 5:31:36 6位 青山学院大 5:32:01 往路リザルト

第65回全日本実業団駅伝

優勝 旭化成 4:51:27 2位 MHPS 4:51:31 3位 トヨタ自動車 4:52:34 4位 富士通 4:53:17 5位 コニカミノルタ 4:53:37 6位 トヨタ自動車九州 4:54:16 TBS 速報

平成30年 重大ニュース

・第73回宍道湖一周駅伝 神名斐ランナーズ 総合 19位 二部 (10位)3時間46分06秒 ・島根にも留学生 益田東に留学生(J・ジェプングテッチ、S・チェロティチ) ・しおかぜ駅伝 過去最高タイ6位 2.17.25

ニューイヤー駅伝 区間エントリー

1/1 群馬県で開催 区間エントリー

第95回箱根駅伝 区間エントリー

新春 2日 3日に開催 区間エントリー

絶対王者・青山学院大学に隙は無し。東洋大学は「万全」で本大会を迎えられるか。

箱根駅伝5連覇に、大学駅伝3冠。 今回、青山学院大学には箱根駅伝でふたつの偉業達成の期待がかかる。 しかも、大願成就の確率は極めて高い。 それを実感させたのは、12月10日に行われた16名の選手をエントリーした後に行なわれた記者発表会見である。発表前…

人呼んで「詳し過ぎる解説」増田明美の詳し過ぎる解説はどう生まれるのか?

54歳にして大人気!人呼んで“詳し過ぎる解説”増田明美。詳し過ぎる解説はどう生まれるのか? 国際大会の取材現場を覗かせてもらうことにした。目当てのレースが近づくと増田は、ある男性をつかまえて一緒に客席に向った。実はこの男性、今日の取材する選手の…

箱根駅伝の5つの「なぜ」に答える

「平成最後の箱根駅伝」――。この時期、書店に並ぶどの箱根駅伝ガイドブックを開いても、名コピーのように目に飛び込んでくる。 箱根駅伝の開催は1920年(大正9年)。時代が変わりゆく中で、学生たちが必死に襷をつなげる姿だけは変わらず、95回も続いてきた…