世界陸上 マラソン関連記事

男女マラソンは22年ぶりの入賞ゼロ。 歴史的な敗北を次につなげるために

男女マラソンが大会史上初めて同日開催(8月6日)されたが、残念ながら男女とも入賞できなかった。
先に行われた男子は、川内優輝(埼玉県庁)が後半で追い上げて9位(2時間12分19秒)に入ったのが最高成績。中本健太郎(安川電機)は10位(2時間12分41秒)、前半集団の前方で積極的に走った井上大仁(MHPS)は26位(2時間16分54秒)で、男子は前回の北京大会に続く入賞なしに終わった。

www.tbs.co.jp

 

 

 

川内優輝 驚異の精神力 ラスト2・195キロは最速 金メダリストを10秒上回る

 男子マラソンが行われ、日本勢では終盤に執念の走りを見せた川内優輝(30)=埼玉県庁=が2時間12分19秒で9位に入った。

【写真】公務員ランナー・川内優輝がふたり…どっちが本物?

 看板激突、転倒、給水失敗と“川内劇場”を繰り広げながら、それでも最後は出場選手の中で群を抜く70回に及ぶマラソンの経験を生かし猛追。入賞までは3秒届かず、ゴール後は天を仰ぎ崩れ落ち、車いすで搬送されたが、完全燃焼の走りを見せた。

headlines.yahoo.co.jp

 

 

 

【川内の母・美加さん手記】最後まで諦めずに優輝らしい走りをしてくれた

 英国・ロンドンで行われている陸上世界選手権の男子マラソンで、川内優輝(30=埼玉県庁)が9位に入った。日の丸ラストランと位置づけた今大会で入賞にはわずかに届かなかったが、3度目の世界選手権で自己最高順位。完全燃焼した公務員ランナーの母・美加さん(53)が本紙に手記を寄せ、これまでのランナー人生を振り返り、今後への思いを語った。
  転倒などのアクシデントを乗り越えて、よく頑張ってくれたと思います。最後まで諦めずに優輝らしい走りをしてくれたと思います。

www.sponichi.co.jp

 

 

 

暑さに強い選手を選べ!谷口氏が3年後の低迷打破へズバッ

 陸上・世界選手権第3日(6日、ロンドン)マラソンが行われ、男子は川内優輝(30)=埼玉県庁=の9位、女子は清田真央(23)=スズキ浜松AC=の16位が最高で、日本として1995年大会以来、22年ぶりに入賞なしに終わった。惨敗したレースから一夜明け、91年世界選手権東京大会金メダルの谷口浩美氏(57)が日本マラソンの復活策を提言した。

headlines.yahoo.co.jp

 

 

増田明美さん、入賞ゼロの女子マラソン復活へ3つの提言

マラソン女子で、日本勢は清田真央(23)=スズキ浜松AC=が2時間30分36秒で16位に入ったのが最高だった。自己ベスト2時間21分36秒の安藤友香(23)=同=が17位、2012年ロンドン五輪代表の重友梨佐(29)=天満屋=も27位で、1995年イエーテボリ大会以来、22年ぶりの入賞ゼロ。84年ロス五輪代表でスポーツジャーナリストの増田明美氏が、3年後の20年東京五輪へ3つの改善点を指摘した。

headlines.yahoo.co.jp

 

 

“東京でメダル”根本変えないと無理…尾方剛の目

 マラソン男子で、今大会限りで日本代表の第一線から退く川内優輝(30)=埼玉県庁=が、2時間12分19秒で日本人最高の9位に入った。通算71度目のフルマラソンで終盤に猛追し、入賞(8位)まで3秒差に迫った。ジョフリー・キルイ(ケニア)が2時間8分27秒で優勝。中本健太郎(34)=安川電機=が10位、井上大仁(24)=MHPS=は26位だった。

www.hochi.co.jp

 

 

川内を東京五輪アドバイザー役に「力になってほしい」と日本陸連・河野ディレクター

 男女マラソン決勝が行われ、日本勢は男子の公務員ランナー川内優輝(30)=埼玉県庁=が2時間12分19秒で9位に入ったのが男女通じ最高だった。女子は清田真央(23)=スズキ浜松AC=が2時間30分36秒で16位に入ったのが最高で、95年イエーテボリ大会以来22年ぶりに入賞を逃した。

www.hochi.co.jp

ロンドン世界陸上 4日目

男子200m予選1組  2位  サニブラウン・A ハキーム  20.52準決勝進出

男子200m予選7組 2位  飯塚 翔太 20.58準決勝進出

男子 400m ハードル 準決勝 2組  5位  安部 孝駿  49.93

男子 三段跳び 予選 A組  15位  山本 凌雅  16m01

コーチが教える! 初心者ランナーのSTEP UPレッスン

先輩ランナーの走り始めから現在までの成長の軌跡を、実際に指導したランニングコーチのアドバイスとともにご紹介します。

梶嶋さん×猪瀬コーチの最終回は、フルマラソンデビューについて。梶嶋さんが経験した「失敗」を踏まえて、猪瀬コーチが初フルへの臨み方を解説してくれました!

 

runnet.jp

ロンドン世界陸上 3日目

ラストも川内節【一問一答】実業団選手にチクリ「給料使ってでも下見を」

headlines.yahoo.co.jp

 

 

瀬古氏、川内に日本代表続行を懇願「もっともっとやってほしい。もったいない。やめる必要はない」

 

headlines.yahoo.co.jp

 

男子マラソン

9位  川内 優輝  2.12.19

10位  中本 健太郎  2.12.41

26位  井上 大仁  2.16.54

 

 

 

日本女子マラソンの連続入賞10大会で止まる

 日本勢は清田真央(23=スズキ浜松AC)、安藤友香(23=スズキ浜松AC)、重友梨佐(29=天満屋)が出場し、清田が2時間30分36秒で日本勢最高の16位だった。安藤は2時間31分31秒の17位。重友は2時間36分3秒で27位だった。

 headlines.yahoo.co.jp

 

 

清田真央が日本勢トップ16位「まだまだ力不足」

 日本勢は清田真央(23=スズキ浜松AC)、安藤友香(23=スズキ浜松AC)、重友梨佐(29=天満屋)が出場し、清田が2時間30分36秒で日本勢最高の16位だった。安藤は2時間31分31秒の17位。重友は2時間36分3秒で27位だった。

www.nikkansports.com

 

 

女子マラソン

16位  清田 真央  2.30.36

17位 安藤 友香 2.31.31

27位  重友 梨佐  2.36.03

 

 

男子 110m ハードル 予選 1組 7位 高山 峻野 13.65

男子 110m ハードル 予選 2組 4位 増野 元太  13.58準決勝進出

男子 110m ハードル 予選 3組 7位 大室 秀樹 13.78

男子 110m ハードル 準決勝1組 7位 増野 元太  13.79

 

男子 400m ハードル 予選 1組 2位 安部 孝駿 49.69準決勝進出

男子 400m ハードル 予選 2組 5位 石田 裕介 50.35

男子 400m ハードル 予選 4組 6位 鍜治木 崚 51.36

 

 男子 棒高跳び 予選 A組 15位 山本 聖途 5m30

 男子 棒高跳び 予選 B組 9位 荻田 大樹 5m45

 

女子 やり投げ 予選 A組 9位 斉藤 真理菜 60m89

女子 やり投げ 予選 A組 13位 海老原 有希 57m51

女子 やり投げ 予選 B組 14位 宮下 梨沙 53m83

 

ロンドン世界陸上 2日目

男子100m準決勝 1組 6位 ケンブリッジ 飛鳥 10.25

男子100m準決勝 2組 7位 サニブラウン・A ハキーム 10.28

男子100m準決勝 3組 5位 多田 修平 10.26

男子100m決勝  

優勝  J.ガトリン  9.92

2位  C.コールマン  9.94

3位  U.ボルト  9.95

 

 

女子10,000m決勝

10位  鈴木 亜由子  31:27.30

19位 松田 瑞生 31:59.54

24位  上原 美幸  32:31.58

 

ロンドン世界陸上 初日

3人とも予選通過 準決勝進出‼️

男子100m予選 2組  1位  サニブラウン・A ハキーム  10.05 PB

男子100m予選 4組 4位  ケンブリッジ 飛鳥  10.21

男子100m予選 6組 4位  多田 修平  10.19

映像

 

男子100、日本勢3人全員が準決勝進出 サニブラウンは10秒05で2組首位通過

 男子100メートル予選が行われ、日本勢は五輪・世陸を通じて史上最多となる3選手全員が5日(日本時間6日未明)の準決勝に駒を進めた。2組のサニブラウン・ハキーム(18)=東京陸協=は、鋭いスタートから抜けだし、11年大邱大会覇者で自己記録9秒69のY・ブレーク(ジャマイカ)に先着する10秒05(向かい風0・6メートル)で首位通過。「ちょっと寒かったけど、体が動いて良かった。緊張? 逆に緊張しなくて、大丈夫かな? という感じだった」と大物ぶりを漂わせた。

headlines.yahoo.co.jp

いよいよ ロンドン世界陸上開催

いよいよ 今夜(現地:8/4)から世界陸上が開催

暑い上に、熱戦で寝られない夜が続きそうだね。

 

異例のマラソン男女同日開催の訳は?

 もうすぐ、世界陸上ロンドン大会。筆者も長距離・マラソンの解説者として現地に赴く。
  大会の注目は、もちろんウサイン・ボルト(ジャマイカ)だ。
  現役最後のレースとなるスーパースターが、世界のファンへどんな走りのメッセージとパフォーマンスを残してくれるか。想像しただけでもワクワクする。

headlines.yahoo.co.jp

 

 

ボルト、世界陸上で引退表明 勝って終わる「100%の状態だ」

ロンドン世界陸上(4日開幕)限りでの引退を公言している世界最速のウサイン・ボルト(30)=ジャマイカ=が、ロンドン市内で会見。結果にかかわらず現役を退く考えを改めて強調し、ラストランを飾る決意をにじませた。今季は背中の痛みなどの影響で、100メートルは世界ランク7位の9秒95。同1位(9秒82)で米国代表のC・コールマン(21)ら新鋭も台頭する中、“生ける伝説”は強気を貫く。

www.hochi.co.jp

 

 

サニブラウン、リオ金メダリストとスタート練習…4日世界陸上100メートル予選

ロンドン世界陸上(4日開幕)男子短距離代表のサニブラウン・ハキーム(18)=東京陸協=が2日、会場の五輪スタジアムで調整。練習パートナーで16年リオ五輪女子走り幅跳び金メダルのティアナ・バートレッタ(31)=米国=と雨天走路でスタート練習をこなし、4日(日本時間5日早朝)の100メートル予選に向けて順調な仕上がりを印象づけた。

www.hochi.co.jp

 

世界陸上ロンドン|TBSテレビ(HP)

 

競技日程|TBSテレビ:世界陸上ロンドン(日本時間)

 

選手情報|世界陸上ロンドン