読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最速市民ランニングクラブ決定戦

日本一の“最速市民ランニングクラブ”を決めるタイムトライアルレース「ミズノウエーブエンペラーカップ」。ミズノの皇速シューズ『WAVE EMPEROR』の名を冠した大会が今年も北海道・札幌市から始まり、全国7つの地域で予選大会が行われます!

 

5月から7月にかけて、地域ごとに行われる予選ステージでは、各予選会に最大60チーム(30チーム×2カテゴリー)限定で参加が可能。出場メンバー全員が5,000mのタイムトライアルを行い、1チーム(5人)の合計タイムでチームごとの順位を競います。
各予選会の上位2チームは、10月1日(日)の東京・味の素スタジアム西競技場での決勝大会に招待されます。

2回目を迎える今年の大会では、「チャレンジクラス」を新設。参加標準記録は5,000m27分59秒以内、40歳以上の男性と18歳以上の女性が対象です。

5人の精鋭を集めて、市民ランニングクラブ最強を目指してみませんか?!

 

www.mizuno.jp

島根県高校新人駅伝

3月11日 浜山で開催

リザルト

 

この結果見ると秋の本戦は、男子は今年も工業VS平田 (ただ、やっぱり層が厚いの工業)

女子に関しては、浜田が初優勝って事がありそうな。(去年のこの大会、3区で辞めてたのに、今年は 3チームも…)

 

いずにしても、新一年生がどこにどんな子が入るのやら… (浜田東の子は、県外に出るとか?)

全山陰・島根県選手権エントリー開始

第100回全山陰陸上(松江市営)

4月 29 日(土)~ 4月 30 日(日)

大会要項

 

 

第72回島根県選手権(益田市営)

5月 5日( 金) ~ 5月 6日( 土)

大会要項

男子40回・女子33回 春の高校伊那駅伝

3月19日(日)

 

BSフジ 放送 3月19日(日) 12:00~14:30

 

大会HP

 

島根県からは、男子:出雲工業が参戦

名古屋ウィメンズ関連記事

安藤友香 歴代4位!!初マラソン国内最高 超高速世界切符

 陸上の世界選手権(8月、ロンドン)女子代表の最終選考会を兼ねて行われ、安藤友香(22=スズキ浜松AC)が初マラソン国内最高で日本歴代4位の2時間21分36秒で2位に入った。日本陸連の派遣設定記録2時間22分30秒を突破し、代表に決定。「忍者」と称される独特なフォームで好タイムを出し、2020年東京五輪の有力候補にも躍り出た。リオデジャネイロ五輪銀メダルのユニスジェプキルイ・キルワ(32=バーレーン)が2時間21分17秒で3連覇を果たした。                 

www.sponichi.co.jp

 

 

22歳・安藤、初マラソンで日本人最高!いきなり日本歴代4位

 低迷続きの女子マラソン界にシンデレラガールが誕生した。一般参加の安藤友香(22)=スズキ浜松AC=が日本歴代4位、初マラソンでは日本最高の2時間21分36秒で日本人トップの2位に入り、17年ロンドン世界陸上代表に内定した。優勝した16年リオ五輪銀メダリストのE・キルワ(バーレーン)とも19秒差と互角に渡り合い、世陸と20年東京五輪でのメダル獲得へ大きな弾みをつけた。

www.hochi.co.jp

 

 

瀬古リーダー、大喝から1週間「大あっぱれ」!尚子さんもびっくり「伸びしろ感じる」

 安藤の好記録を日本陸連瀬古利彦・長距離マラソン強化プロジェクトリーダー(60)は「大ハッピーでございます。サンデーモーニングの張本さんに言わせると“大あっぱれ”。安ど(安藤)の表情だよね」。凡走に終わり“大喝”を入れた男子のびわ湖毎日(5日)から一転、ダジャレまで交えて褒めちぎった。

www.hochi.co.jp

 

 

 

初マラソンの安藤、独特フォームも理想の腰高姿勢で走れている

 名古屋ウィメンズマラソン(12日、ナゴヤドーム発着)世界選手権(8月、ロンドン)代表の最終選考会を兼ねて行われ、初マラソンの安藤友香(22)=スズキ浜松AC=が、日本女子歴代4位で、初マラソンでは同最高の2時間21分36秒をマークして2位。日本陸連が定める2時間22分30秒の派遣設定記録を突破し、代表に決まった。

www.sanspo.com

 

 

世界選手権代表残る枠は「2」 清田&重友が有力

 世界選手権の全選考レースが終わり、安藤が日本陸連の派遣設定記録をただ一人突破し、代表入りを決めた。

 代表枠は最大3で、名古屋3位で選考対象選手中2番目の好タイムを出した清田も有力。日本陸連の尾県専務理事は「極端なペースダウンもなかった。レース自体も高く評価できる」と評し、瀬古リーダーも「有力じゃないですか」との見解を示した。

www.sponichi.co.jp

第65回雲南市駅伝 結果

本日 雲南市で開催

リザルト

安藤友香、初マラソンで日本人最高2位 日本歴代4位で世陸代表内定

 世界選手権(8月、ロンドン)代表選考会を兼ねた名古屋ウィメンズマラソンが12日、ナゴヤドーム発着で行われ、初マラソンの安藤友香(22=スズキ浜松AC)が日本歴代4位の2時間21分36秒をマークし、日本人トップとなる2位。日本陸連の派遣設定記録2時間22分30秒を突破し、世界選手権代表に内定した。ユニスジェプキルイ・キルワ(32=バーレーン)が2時間21分17秒で大会3連覇を飾った。

 

headlines.yahoo.co.jp